<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

仕方がないな~

先に言っときますがめんどくさい人は読まないでいいです。

f0097101_1740469.gif


なつかしの純日本製コッペパン
~ クーペとコッペ ~

学校給食でお馴染みの「コッペパン」ですが、この「コッペ」とはどういう意味なんでしょう。
コッペとはフランス語 クーペ のなまりだといわれています。クーペとは「切られた」「カッティングした」の意味で、フランス人がクーペと呼ぶのは、クーペしてある紡錘形の小型のパンのことです。

f0097101_1740294.gif

でも、学校の給食でお馴染みのコッペはこれではありません。いつも、牛乳とワンセットで出てくる「ずんぐりむっくりのパン」。黒いのは「黒コッペ」。背中にカットが入っているコッペパンは「背割りコッペ」なんて呼ばれたりもしています。どれも柔らかくて、ちょっとお腹がふくれる。

少々ご年輩の方になりますと、街のパン屋さんや大学の売店で、ナイフを入れ、真っ黄色なマーガリンや真っ赤なジャムを塗り込んで売ってもらったことを思い出したり、もっと年輩の方になりますと、足の太い女の子を「コッペパン」と呼んでからかったりしたことを思い出したりする方もみえるかも知れません。

「ずんぐりむっくり」のこのコッペパンこそが、まさしく日本人がイメージするコッペパンで、それはホットドックロールのようにソーセージをはさんで食べるには少々大きすぎるし、太すぎる。
さて、みなさんがイメージする「コッペパン」は、今の学校給食でも、ちゃんと健在です。
学校給食でパン食が全面的に取り入れられたのは、昭和25年のことですが、その時のコッペパンは、やはり「ずんぐりむっくり」でした。当時の学校給食用パンの規格を見ると、「コッペパン」は10食当り、1424グラム、含水率37%以下、原料1袋から220食取りとなっています。パン食が全面的に取り入れらたこの昭和25年、それまで週1~2回だった学校給食が、週5回の完全給食に改められました。とりあえず、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡の8大都市から実施されたそうですが、この学校給食の普及とともに、「ずんぐりむっくりの、あのコッペパン」が、日本人のなかに定着していったともいえます。

しかし、コッペの語源を探ると、慶応元年(1865)、幕府がフランス語の技術援助で着工した横須賀製鉄所にやってきた60人のフランス技師のために焼いたパンに始まるという説があり、そのころの「コッペ」はフランス風クーペだった可能性が大きい。やっぱり、フランス人仕込みの本場パリのクーペに限りなく近い「コッペパン」が、「ずんぐりむっくりのコッペパン」の先輩かも知れません。

でも、コッペパンというと、なんといっても学校給食のいろんな思い出が詰まっている「あのなつかしのコッペパン」。無理やり飲み込んだキライなおかず、楽しみだった給食センターの献立、なつかしい鯨の竜田揚げ、その隣に、いつもあったあの「ずんぐりむっくりの純日本製コッペパン」なのです。

わかりましたか?コッピさん?

これで世界に羽ばたけるのかな~

『おばちゃん!焼酎、熱燗でっ!!』
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-30 17:45 | 小話

黒×緑


f0097101_17565292.jpg


久しぶりの建築です。

最近はあちこちの現場でちょっこっと改造的な仕事が多くて昨日久しぶりに家具を作る事ができました→☆

高さ2Mの幅2M800で部屋の壁一面にスッポリ入るようなかなり大きい棚です。

お客様の依頼で左側にハンガーをかけられるように言われていたので、大好きな竹を山から切ってきて取り付けました。

いやあ、大物。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-29 17:56 | 建築系

夕暮れjazz


f0097101_1855020.jpg


はい、というわけで昨日のつづき…(昨日見てない人は昨日からどーぞ☆)

あまり天気の良くない臼杵を出て野津へ→20分あまり。

【八幡の社の夕暮れjazz in】名前の通り神社の境内で行われる。

出演は…

f0097101_1895774.jpg


辛島文雄(piano)
大分県出身でアメリカ、ヨーロッパを中心とした国際的ピアニスト。

井上陽介(bass)
今、jazz界で1番忙しいベーシストらしい。

高橋信之助(drum)
ニューヨークで活動している若手ドラマー。

やはり今回の野外jazzライブはこの雨模様の為、公民館で行われるようだ。

公民館と言ってもかなりの規模の場所でちょっと広めの映画館みたいな感じで音もよさそう。

野外でないのが少し残念だが本格的な生jazzを聴けるということで隣のおばちゃんとだべりながら開演時間をワクワクで待つ事が出来ました。

そして開演時間。

トリオが颯爽と登場し、30秒ほどで演奏が始まりました。

前から二番目でみてたのですが、貫禄のピアノ演奏からの入りで背中がゾクゾクして身動き一つ取れない程、音の世界に吸い込まれていきベース、ドラムが入りまた更にゾクゾク…。

あっという間にスローテンポな一曲目が終わり、今度は軽快なリズムの2曲目へ。

演奏中は撮影禁止だったので写真は撮れませんで残念でしたが…。

音もやはりよくて裏リズムのjazzのテンポに自然と目を閉じ体が縦へ横へ・・。

いつの間にかアンコールの手拍子へ~

お客さんの歓声もすごく、大盛り上がりの中その幕を閉じたのでありました。

やっぱり生はいいね。

8月のスリープウォーカーも楽しみです。

今日のおまけ・・・。

f0097101_18202855.jpg

[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-28 18:05 | 音楽系

展示会


f0097101_1763617.jpg


6月24日~7月8日の期間、臼杵市の城下町の中【サーラ・デ・うすき】で陶芸家、蜷川耕二さん率いる生徒の皆さんの展示会があるとの情報で行ってきました。

f0097101_17134842.jpg


見切れ発見!!

f0097101_171482.jpg


行く前は自分たちと同じ生徒の作品と聞き親近感にも似た気持ちで向かったのですが、ここの生徒さんの作品はどれもすばらしく、用途もはっきりしていて見ててほんとに使ってみたくなるようなものばかりでした。

特に釉薬のかけ方が素晴らしくてとても刺激を受けたのでした。

課題が一つ増えてますますやる気を掻き立てられました。

みんなで1つの事に向かってやるっていいですよね!

和歌子先生!うちらもやりましょう!

売ってたら買ってましたが・・。

蜷川さんの茶房【一無彩】も臼杵、石仏の近くにあるらしいのですが(展示販売)、この日は夕方からのjazzを控え、時間のない一同はそそくさと帰っていったのでした。つづく・・・・。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-27 17:27 | 陶芸系

十人十色

f0097101_17243876.jpg


今日でk.ken-roomsの記事数が100件になりました☆

みなさんへの感謝の気持ちと共に報告致します。

最近小話ばかりでしのぎないですが…。

此処から本題。

先日あるお店の方と話をしていて感じた事。

その方はかなりこだわりのある人で自分の好きなモノや好きな雰囲気しか絶対に取り入れない人で、僕も凄く共感出来る方なのですが、

自分のこだわりを突き通すと言うことはお店としてはあまり繁盛しないといいました。

繁盛させたいのならお客様のニーズに答えてほんとに自分のやりたい事を曲げてやっていかなければならないと。

私はそこまでして自分の人生を(好きな事)を変えていく気は無いとも聞こえました。

だからその方のお店は凄くこだわりや雰囲気があり、ちょっと普通の人は入りにくいかも。(僕はどんぴしゃなんですけどね)

確かに人の考えは十人十色で好き嫌いも様々だし、一つのモノに対してもいろんな使い方をする。

僕もお店でなくても何かを経営していくということを考えると、こだわりは持ちたいけどそれだけでは経営が困難。

最終的に大衆化してしまうとかは一度きりの人生を楽しく生きていく上で好きなモノや雰囲気で仕事したいと思えば嫌だし。

いろいろ考えが必要だなーと感じています。

この竹のように真っ直ぐ自分の好きな方向へ伸びていきたいものです。

f0097101_1727426.jpg

[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-26 17:24 | 小話

つづみ閉幕

今日は記事遅くなりましたが…。

f0097101_2337784.jpg


f0097101_2338614.jpg


コメントでもありましたが昨日、よくお世話になっていたDiningBar色彩のつづみが閉店となりました。

店の雰囲気がよく、クラブJazz好きの僕には最高の空間で(行った人はみんなそう思ってるはず)これからもお世話になろうと思っていた矢先の出来事で非常に残念な思いでいっぱいなのです。

f0097101_2340142.jpg


f0097101_23403455.jpg


f0097101_23405643.jpg


ザンジの頃から音楽の話が合い仲良くしてくれたリョーサン、店長の相馬さん、アフロスタイルの佐藤さん、つづみの看板娘の4人、ノンちゃん、ちーちゃん、話た事ないけど本城まなみっぽい子、そして我らがカナぶん。

f0097101_23412337.jpg


お疲れ様でしたー☆

またどこかで会えたらうれしいです。

かなの手前ゲバラ?
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-25 23:37 | 小話

Imagery

f0097101_18523276.jpg

今日は気分転換にパーマかけましたー☆

そうです。

また奴です。

この間好評だった葉加瀬です。

もうすぐ夏なんでイメージチェンジなんてのはいかが?

ちなみに後ろ、いとこです。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-24 18:52 | 小話

キャンドルナイト分大

心地よい風がふく、6月21日水曜日、夏至。19:00~21:00

みなさんはキャンドルの元過ごせたでしょうか。

僕はキャンドルナイトを体験したく大分大学の音楽と共に~にいってきました。

f0097101_17295685.jpg


『キャンドルナイト呼びかけ文』

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2006年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
f0097101_17273376.jpg


f0097101_17275317.jpg


着いた時にはまだ周りは明るくキャンドルが既に点されていましたが、これから始まる感動を前に静かにその火を揺らすのでした。

f0097101_17315161.jpg



始めはキャンドルナイトの呼びかけ文が読まれ、その後ついにJazzバンドの演奏が始まりました。

f0097101_17285961.jpg


f0097101_17292180.jpg


辺りは次第に暗くなり火に照らされた奏者達はゆっくりと心地のよい音色を奏でます。

演奏は全部で30分ほどでしたが、キャンドルナイト+音楽を充分に体感でき満足の経験(k.ken)ができたのでした。

f0097101_17313054.jpg


さらに夜はふけもうキャンドルの周りしか見えなくなった頃、ナレーターの掛け声でみんなで点けるキャンドルを点し始めました。

f0097101_17321742.jpg


そこにいるみんなで一つのキャンドルに向けて集まっている姿はかなり感動的で全てが点き終わったときその感動は最高潮に…。

f0097101_17323840.jpg


そのあとナレーターのエコに対する話。

いい企画だと思いました。

誰にでもできる事。

今からはじめてみようと思いました。

f0097101_1746627.jpg


今回このようないい体験ができ、紹介してくれたニャンちゃんには感謝の気持ちでいっぱいなのです。

それと今日はスローピさん、退院おめでとうございます。

f0097101_17331762.gif


もうタウンページ兄弟並びにはかせさんは出る暇なくなるんやろーなー。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-23 17:23 | アート系

運命の出会い

みなさん運命の出会いって信じますか?

先日ある友達の繋がりで友達になった紳士さんが昨日、僕に感動を与えてくれました。

その方はIT関連の会社を経営しており昨日の僕の記事(オペラ)をみてウチのホームページにも無料で宣伝しましょうか?というのです。

f0097101_17573732.gif


そのホームページ、『大分マイライフ』は年間約3万ヒット、プレビュー数12万ヒットを超え大分県民だけではなく近県のユーザーもいるらしく、宣伝効果の期待できるトップページの頭に宣伝してもらえました。

話しを聞くと頑張ってる人を応援するのが大好きという事で、ほんとありがたいお話を聞く事ができたのです。

こんな男前いませんよね?

で早速さっきホームページを見せてもらうともうすでに宣伝してもらってます。

仕事が早くてそれまた感動。

是非みなさんも見てみてください。


http://www.oita-mylife.com/


他にもいろいろなコンテンツがありその中の大分ブログの会という所にも僕のブログを登録させてもらいました。

いや~ほんといい出会いをしたな~

ありがとうございます『紳士ん』さん☆

これからもよろしくっ!!
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-22 17:57 | 小話

オペル?

f0097101_17434154.jpg

今日は愛車のオペルの紹介…ではなくてオペラの紹介です。

みなさん生でオペラを聴いた事ありますか?

僕は聴いた事がありませんが話によると、アンプに通さずに生の声だけで会場全体に響き渡るほど声が通ると聞きました。

毎年そのオペラが宇佐と国東で行われていて今回はカルメンが繰り広げられるそうです。

もし興味がある方は…

7月15日土曜 宇佐文化会館・ウサノピア
7月16日日曜 アストくにさき

開演は3時からです。

入場料/3000円

問い合せは0978‐65‐0396富永さんへ

そして7月15日夜は毎月恒例のザイアンゲートです。
こちら1500円ワンドリンク付き
10時からAllでフリーダム。

スローピ君とパパJOさんに期待しましょう。

キャンドルダンスが見られるかもしれません。

今日は夏に向けてのイベント情報でした。

それと今日から明らかにk.ken宛じゃないコメントは僕はいちいち返しません。

時間かかりすぎるので・・。

ご了承ください。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-06-21 17:43 | 小話