<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ろくろ

f0097101_20425689.jpg

今日は昼からろくろを廻し続けました。
ろくろはかなり精神を使う作業で後で一気に疲れがきます。
でも楽し過ぎてろくろはやめられませんね☆
また来週が楽しみでしかたないです
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-30 20:42 | 陶芸系

本棚

f0097101_20463377.jpg

表紙の見える本棚です。
板で枠を組んで白ペンキを薄く塗り、麻のヒモで本が落ちないようにしています。
子供の絵本(サッシー)を並べるらしいですよ☆
かわいいんやろうなぁ☆
子供、欲しいなぁ☆
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-29 20:46 | 建築系

ラーメン

f0097101_19184760.gif

f0097101_19184711.jpg

今やラーメン業界は戦国時代と呼ばれ、喰うか喰われるかというほど新しく店舗が出ては消え…。
そんなシビアな時代のラーメン界。(多分)
そんな中でもあなたの取っておきのラーメン屋を出し惜しみせずにこっそり教えてくださいな☆
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-28 19:18 | 小話

骨組み

f0097101_16584321.jpg

あなたがいつも住んでいる(木造の)家はどういう風に建てられているか説明します。
といってもあくまでウチのやり方で棟上までの話です。

まず、材料を発注し、『墨付け』、『切り組』という作業に入っていきます。(作業場)
墨付けとは、棟梁が図面を見ながらどこにどの材料を持っていくか決め、継ぎ手などの墨をしていきます。
そのあとに墨の付いた材料を職人さんが細工していきます。(切り組作業)

その間、現場では家の1番足元、基礎工事を基礎職人さんにしてもらいます。
車と一緒で家も足回りがかなり重要とされています。

両方が終わったら、いよいよ土台敷きです。
土台を敷きそのあと足場を組み棟上当日を待ちます。

棟上はたいがい縁起がいいということで大安の日を選びます。

f0097101_1717262.jpg


棟上当日、まず柱を立て、桁(柱の上の横木)を組んでいった状態が上の写真です。
ちなみに10センチほどの木の上を渡りながら仕事をします。
そして、屋根の1番上、棟木を収めて棟上ということになります。

そのあと(後日)、屋根じまいをして瓦屋さんなどの業者が入れ替わりたちかわりして、家は出来上がっていくのです。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-27 17:27 | 建築系

自然と携帯

f0097101_17203426.jpg

実は今現場が山岳地帯の大自然の中なので、毎日楽しみにして通っています。
やっぱり山はいいですね~☆癒されます♪
ですが携帯の電波が入らずに夕方までは音信不通の状態で…。
携帯電話症候群になってます…。(携帯が使えずに落ち着かない状態)
来月の1日に棟上げが行われて、それから本格的に工事に入っていくので、夏が始まる時期くらいまでは、昼は音信不通状態かぁ…。
まぁ今はこの大自然を楽しもうかな。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-26 17:20 | 建築系

子供?

f0097101_1951655.jpg


今日は記事を書きません!!

何か言いたい事があればど~ぞ☆
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-25 19:08 | 小話

靴棚

f0097101_2302965.jpg

階段のような靴を置ける棚という事で作りました。
白の家具はおフランスなイメージでとってもお洒落な印象ですね☆

実際に靴を陳列しているのみましたがかなり素敵でした。
一応この作品はオリジナルではありませんが…。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-24 23:00 | 建築系

陶芸教室

f0097101_23142027.jpg

今日は遂に待望の第三弾!
いろいろな陶器達が焼き上がりました。
今回は黒の土を使った作品が多く、ほとんどゆうやくを付けずに焼き締めというやり方でやってみました。
土のざらざら感やマットな見た目が渋さを一段と高めます。
自分としても満足な出来ばえで、しばらくはこれを見ながらニヤニヤしているでしょうね~。
先生達に今日も感謝です☆
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-23 23:14 | 陶芸系

NO Music NO Life

f0097101_11484994.jpg

みなさんはいつもどんな音楽で癒され、どんな音楽であがり、どんな音楽で切なくなりますか?
音楽というのは僕の中でほんとに無くてはならない存在です。
どんな気分でもその気分にあった音楽を聞く事でよりいっそうその事に対しての印象が深くなったり、逆にその音楽を聞くとその時の気分と情景を鮮明に思い出したりします。
これからの人生の中でそれは変わることなくずっと側にいる大切な存在。
それが僕にとっての音楽です。
みなさんの思い出の曲やこれっていう曲あれば教えてください。
K.KenはMr.ChildrenのTomorrow never knowsで蒼い青春の1ページが今も鮮明に…
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-22 11:48 | 音楽系

さらばランクル

f0097101_17341654.jpg

今日遂に3年間近く乗っていた愛車のランクルが寿命のため手放す事になりました。
ほんとにいろんな数々の思い出が甦ってきて最後の後ろ姿は少し切なく感じました。
今までどうもありがとう。
そして次の新しい出会いがいいものであるように心から願ってます。
f0097101_17345859.jpg

どんな事でも別れというものは辛いものですが、また新しい出会いの為には必要な事なのかなぁと感じました。
[PR]
by kentaro-kouno | 2006-04-21 16:25 | 小話