タイトルは写真に参照

f0097101_22152091.jpg

先日、免許の更新に行って聞いた

今、最も皆さんが興味のある話題。

ほんとにシャレにならないガソリン代の高騰。

国民の生活にもろに直結してますよね。

今日はそんな燃費を押さえて走る方法を伝授いたします。

まずは燃費のいい車とはどんなものかという事でまず資料を。

国土交通省による燃費性能に関する公表に元に車種をピックアップしてみましょう。
(順位、車種、排気量、10.15モード燃費の順番で表示してあります。)

1位
トヨタ プリウス
(ハイブリッドカー)
1496cc  35.5km/L

2位
ホンダ シビック
(ハイブリッドカー)
1339cc  31.0km/L

3位
ダイハツ ミラ
(軽自動車)
596cc  30.5km/L

4位
ダイハツ エッセ
(軽自動車)
658c  28.5km/L

5位
スズキ アルト
(軽自動車/MT)
658cc  24.5km/L

6位
トヨタ ヴィッツ
(コンパクトカー)
996cc  24.5km/L

7位
マツダ キャロル
(軽自動車/MT)
658cc  24.0km/L

8位
スバルR2
(軽自動車/MT)
658cc  24.0km/L

9位
ホンダ フィット(TAB家さすが笑。)
(コンパクトカー)
1339cc  24.0km/L

10位
マツダ AZ−ワゴン
(軽自動車/MT)
658cc  23.5km/L

とまぁこんな感じ。

だからといって今の車を買い替えるのはなかなかですので次に買うときの参考までに。

では今の車をいかに燃費よく走らせれるか。

ここからが本題。

運転免許センターから来た講師のお話によると、

■走行時はなるべくアクセルの踏み加減を一定にすることで、燃費は向上します。

■急加速は、ガソリンを消費するのでなるべく避けるようにしましょう。

■減速時は、エンジンブレーキを利用することによって、燃費が向上します。

■停車時は、アイドリングをしないことが重要です。

■空気圧チェックをこまめにすること。

ここまではよく聞くお話ですよね?

聞いた事も無い裏技教わりました。

■ガソリンを満タンにしない。

ん?満タンにしない?なぜに?

■ガソリンを満タンにすると重量が増すので。

ほうほう。

■一番いいのはガソリンランプが付くぐらいまで走って、半分くらい入れるのが最もいいらしいです。

なるほど。

少しの事ですがこれから一生乗る車の事を考えるとかなりガソリン代を浮かせる事が。

しかも、この環境問題を訴える世の中でかなりの、

限りある資源の使い方が出来てるんではないでしょうか?

エコにもつながるってことで。

皆様もぜひぜひ試してみてはいかがでしょうか?

なかなか大人な第一歩だと思います。
[PR]
by kentaro-kouno | 2007-12-20 22:54 | 小話
<< ringmoon 新米パーチー >>